京都で自分達に適した不動産会社選びをしてより豊かな暮らしを実現

お洒落な部屋

いい不動産会社の見抜き方について

シックな部屋

これは不動産会社だけに言えることではないかもしれませんが、担当者が必死な様子であれば注意しましょう。
どうしてもその家を売りたい、契約したいと思っている要素が感じられたり、これもサービスしますあれもサービスしますなどと簡単に言う不動産会社は、危険と言えるでしょう。何故なら、契約を取りたくて必死になっている、つまり、今月売らなければ不動産会社として危険だ、と推測できるからです。大手の不動産会社や、歴史のある不動産会社など、もうすでに信頼関係ができていて、営業をかけるにもそこまで苦労していない不動産会社は、客に困っていないため、必死に営業してこない可能性が高いです。いい物件をもっているため、別にあなたに逃げられようと、他のお客さんが買ってくれるだろうと思っているため、焦りがないのです。
一方で色々口うまく話をしてくる不動産会社であれば、もうこの客を逃したくない!なんとかうまく言って売ってやろう、という気持ちがこもっている可能性があります。いい物件をもっていて、お客さんがなかなか逃げない不動産会社は、安定していて、落ち着いていて、堂々とした態度で話をしてくる可能性が高いです。必要以上にサービスしようとしたり、必死さが出ている不動産会社には注意しましょう。

Copyright © 2016 京都で自分達に適した不動産会社選びをしてより豊かな暮らしを実現 All Rights Reserved.